人間ドックとPET検査のオプション

日本人の死亡原因の首位を独占しているのががんであり、この傾向は昭和56年から一貫して続いているところです。

このため、病気の早期発見や予防に大きな力をもっている人間ドックにおいても、がんのリスクを正確に把握するという検査の導入は特に求められているところであるといえます。

一般に、人間ドックにおけるがん対策の検査メニューとしては、胃部や胸部などのレントゲン検査、CTスキャン、内視鏡検査といったものが挙げられます。

しかし、例えば内視鏡検査をとってみても、細いとはいえファイバースコープを飲み込むことになるため、それなりに受診者の肉体的な負担は大きいものです。

そこで現在、従来からある人間ドックの検査メニューのオプションとして、受診者の希望に応じてPET検査を行うという医療機関も多くなってきています。

人間ドックについて興味がある方にオススメのサイトです。

このPET検査というのは、特殊な放射性の薬剤を体内に注入した上でからだのすみずみに至るまでの画像を撮影し、これによってがんの有無を確認しようとするものです。



がん細胞は、正常な細胞よりも多くのブドウ糖を消費する特徴が知られており、ブドウ糖に類似した組成をもつ薬剤であらかじめマーカーを付けておき、がんを見やすくするといった原理になっています。

他の検査方法ではとりこぼしがちな小さな初期段階のがんでも見つけやすく、しかも全身にわたる検査ができるというメリットがあり、受診者としての負担感も少ないのが特徴となっています。